ソープのプレイ内容を、風俗における位置づけから前知識まで網羅しながら説明する

ソープにおけるサービスの内容について

風俗におけるソープの位置づけ

リフレ、箱ヘルやデリヘル、そしてソープ。
多くの男性は、性欲を満たすために風俗を利用します。
様々な形態をとる風俗店。
そこにおいて、ソープとはどのような位置づけにあるのでしょうか。

リフレは、男性器周辺に対する性的なマッサージを受けることができます。
また、箱ヘルやデリヘルは、キス・おさわり・手コキ・フェラ等のヘルスサービスを提供しています。
いずれも、性的サービスとしてはライトであり、気軽に利用できる点が特徴です。

一方ソープは、風俗において唯一挿入を含めた性行為を行うことのできる場です。
すなわち、長時間にわたって濃厚な性的サービスを受けることができるのです。
実は、お金を払って性行為を行うことは日本の法律で禁止されているのですが、後に詳しく触れる独特な解釈をもってこうしたサービスの提供が実現できているのです。

ソープは最上級の風俗

長時間、濃厚な性的サービスを愉しむことができるソープは、風俗の中でも最上級の価値があると言えるでしょう。
理由は、性行為が可能という点だけではありません。

一つ目は、サービスの担い手である泡姫が尽くしてくれる時間が長いこと。
ソープには、料金体系を基とした高級店から大衆店まで存在します。
サービスの性質から1時間から2時間程度の時間を要するため、料金に関わらず、一人の泡姫から受けるサービスの量はいかなる風俗と比較しても多くなります。
泡姫の丁寧な仕事が、利用後の満足感につながります。

二つ目は、衛生面です。
ソープでは、個室に入るなり服を脱ぎ、入浴を経てプレイへと突入しますが、入浴ということでそれに準じたサービスを受けることとなります。
サービスの際に、泡姫は全身を使って男性の身体を洗い、また歯磨きの徹底を欠かしません。
そのため、性病へのリスクが比較的少なく、体中の石鹼の香りが清潔感を保障しています。